第34回トレマガセミナー終了報告

今回のトレマガセミナーは減量素材についてでした。

巷では色々な減量やダイエット向きのサプリメントがありますが、これまではその中身についてはハードルが高すぎて理解しようという意欲も湧いてきませんでした。

以前、ダイエット向けのサプリメントの原料表示に、白いんげん豆と書かれているのを見つけて、何故白いんげん豆が入っているのだろうと不思議に思ったことを思い出します。

減量素材を整理するうえで理解しやすかったのは、

①分解に絡むもの、

②運搬に絡むもの、

③燃焼に絡むもの、

④ブロック(吸収阻害)

に絡むものに分けて考えるということでした。


①(分解)CLA(共役リノール酸)、コレウス、カフェイン、カテキンなど、

②(運搬)L-カルニチン、

③(燃焼)HCA(ヒドロキシクエン酸)、黒胡椒抽出物(ピペリン)、ヒハツなど、

④(ブロック)白いんげん豆、難消化性デキストリン、桑の葉、ギムネマ、キトサン、ガレートカテキンなど。

整理したうえで、ひとつひとつのメカニズムを詳しく説明してくれたので、

少々脳内はパンパン状態であるものの、かなり理解が進んだ気がします。

特にCLAに関連して、リノール酸やその他の不飽和脂肪酸についても詳しく説明をしてくれたので、

脂肪がいったいどういった構造をしていて何が違うのかについては、かなり詳しくなった気がします。

これらの素材やサプリメントを理解することは減量を進めるうえで大きな武器となると実感しましたが、実はもっと大切なことを教えてもらいました。

筋肉やボディメイクに機能を求めないということです。

そして指導の際には危機感で引っ張らないということです。

筋肉をつけないとサルコペニアになって老後が心配ですよとか、

筋肉が多いと荷物が楽に運べますよとか、とかく筋肉をつける目的を伝える時にはその機能的な側面を伝えてしまいがちですが、

そこにはあまりワクワク感が芽生えないというわけです。

リーダーシップにおいては、「もっと働かないとボーナス出ないぞ」と危機感で引っ張るタイプと、

「もっと働いてたくさんボーナスをもらおう」とビジョンで引っ張るタイプがあるそうですが、

明らかにビジョンで引っ張られた方が仮に同じ行為をするにも能率もあがっていくということです。

筋肉やボディメイクに何か機能を求めていくのではなく、

もっとワクワクするような夢の部分を上手に投影することがモチベーションを崩さずに継続するコツであることがよく分かったのでした。

次回のトレーニングマガジンセミナーは12月8日(土)を予定しています。

場所は、代々木の東京スクールオブビジネス。時間は17時~19時です

お申し込みは、nfo@kuwabara-body-planning.jp

お名前、ご連絡先をご記入の上、「トレマガセミナー参加希望」と書いてご連絡ください。

よろしくお願いします。(桑原塾 運営事務局)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

コメントをどうぞ