ランニング連載⑥

ランニングマガジン クリール10月号の連載テーマは、

〝ランニングの競技特性から導かれる答え③走行距離増の「落とし穴」〟

です。

走行距離増の落とし穴

走行距離を伸ばせばタイムがあがる、これはランニングの競技特性ですが、

オーバートレーニングに陥る可能性があります。

オーバートレーニングかどうかの見極めはなかなか難しいところですが、

漠然としたダルさが続いて一向にパフォーマンスが上がってこないようであれば、オーバートレーニングを疑ってみてもいいかもしれません。

ランナーが距離を踏むことによるもう一つの落とし穴、それは活性酸素です。

二つの落とし穴の対策として、練習後の糖質と日々緑黄色野菜、ぜひお試しください(桑原塾 運営事務局)

DSC_0030

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

コメントをどうぞ