2018年8月7日 のアーカイブ

エネルギー産生のカギは電子伝達系

2018年8月7日 火曜日


ランニングマガジン「クリール」での連載も今回で17回目を迎えました。

口から入った糖質や脂質といったエネルギー源は、様々な工程を経て、最終的に電子へと変換されていきます。

その電子と酸素が結びつくことでATPというエネルギーが生み出されるのですが、

ATPが生まれるのが電子伝達系という場所です。

人間の体は60兆個の細胞で構成されているといわれますが、

その細胞の中にあるミトコンドリアの一つ一つに電子伝達系があり、日々エネルギーを作り出しているんですね。

電子伝達系でスムーズにエネルギーを生み出すために必要となるのが「ヘム鉄」と「還元型コエンザイムQ10」です。

詳しくは本誌をご覧ください(桑原塾 運営事務局)